<   2005年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黒鍵盤を弾けない女の子の話、結婚を祝福しようと昇ってきたお月さんが、頭にシルクハットを忘れてしまい、水平線まで取りに戻る話、算数の授業でピタゴラスの定理を習った少年が、思いを寄せる娘に「ぼくとあなたは有名な定理によって結ばれています」と迫る話、
などの前に、あがた森魚のライブレポートをどうぞ。
http://smashingmag.com/tour/05tr/050612agata_yuji.html
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2005-06-23 22:43

グラマラスに第二幕 

昨日はグラスを何杯分わったのかな?
来てくれたみんなでバラバラ死体の冥福を祈ろう。
終演後の感想を一人に耳打ちされました。
「今日もハッスルしましたね」


次は、グランドピアノを前に黒鍵盤を弾けない女の子の話を企画しています。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2005-06-18 19:19

太字のお知らせ

先日は、5月30日、ひどいライブをお見せして済みません。
下にはもう振り切れたので、見たことのない皆さん!もう安心して見においで。

なお、ラフォーレ六本木で開催された、ヨ・ラ・テンゴのライブレポート
こちらに載っています。
ぜひご覧ください。
ヨ・ラ・テンゴは、私が10年ほども前から愛し続けているトッテオキの アン アメリカン バンド。
あの子が夜の空から搾り取った群青色から水溜まりの青までを、
ギター奏者の彼は、手品師の手付きではなく化学者の執拗さで繰り広げます。
不思議と郷愁の音がするのは、彼らに秘密をひとつ握られているからです。
あなたも例外でなく!
終演後、あまたのギターキッズちゃん達はステージへと駆け出し、我先に!と、ステージ前方に並べられているであろうランチボックス状の器械箱を調査しようと黒山の人だかりをつくっていました。
かわいそうな彼らには、自分の秘密を知られてしまっていることが理解できないのでしょう。
となればなるほど、郷愁の意味もわからなくて当然のクロヤマかな。

なお、おなじみのバンド、ハッピーディスパッチのホームページもあるのです。
こちらへどうぞ。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2005-06-09 07:04