<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ワンタンロックナイト

明日の、高萩裕司による、微熱持ちのための、リサイタル稲荷式は、渋谷青い部屋での開催で、22時からのスタートです。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-29 15:23

3月下旬の予定

今週の土曜日、ハッピーディスパッチで青い部屋に出ます。

3月25日(土)  渋谷 青い部屋
BLUE VELVET NIGHT VOL60
60回記念オールナイト・スペシャル
21:00open 5:00close \3500(当日) \3000(予約)
【DJ】鳥井賀句、松田尚久
【BAND】SLUNKY SIDE、DAVIDTIO、DARKSIDE MIRRORS、HAPPY DISPATCH、LOADED(鳥井賀句)、SILENT TONGUE、非非非の非
【DANCE】岡 佐和香
【SM SHOW】月花女王

我々と、我々の後に出演するDARKSIDE MIRRORSも見るべきです。

その5日後には、同じく青い部屋でリサイタル稲荷式があります。

3月30日(木) 渋谷 青い部屋
LIVE SALON
19:00open 23:00close \2000(当日) \1800(予約)
【出演】shim、ヒロシネマ(guestチェロ/後藤昭久)、高萩幽司
【前座】Gジャンブルース(コント)
※青いっ子クラブ実習日
※お食事・占いブースあります

どうも効果がないなあ、と思っていたら、青い部屋のスケジュールに「高萩幽司」と表記されていました。これじゃあ女の子は逃げていきます。
わざわざオバケを見に行くなんて手合いは、肝を試し合う若い男かアツアツのカップルと相場が決まっているからです。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-23 10:18

後楽園をひと跨ぎ

梅の季節に賑わう後楽園へは、昨年友人と訪れたことがありますが、要は中国の名庭を様々に模した「寄せ集め」のテーマパークだとわかり、徳川の楽しみもなかなかシャレているなと感心した覚えがあります。
さらに現在では、ビッグエッグの真白な盛り上がりが奥に覗かれ、これまた妙な意匠を演出しているのでした。
地下鉄後楽園駅からは、ラクーアなるスパが近く、地上六階の高さでひと風呂、眼下にはメリーゴーラウンドから観覧車までが遊んでいます。
風呂上がりにはローラーコースターに乗り込んで、濡れ髪を春風に乾かしたい。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-17 09:09

先日、我が町に二つ目の袋小路を見つけました。
そこは駅から遠く長く緩やかな坂を下った先にある区立図書館の近くで、薪こそ背負わないものの、二宮金次郎のうつむきで歩を進めていると、知らぬ間に迷い込んでいたのでした。
住宅街に組み込まれた袋小路にしては道幅のあるほうで、「街灯の神経質なまばたきの中、黒猫の案内に誘われて…」というよりは、ヒロシとトオルがドタバタと他校生に追いつめられるにふさわしいドン詰まりです。
袋小路とは、大通りに抜けてしまう幻滅を積極的に避けようとする姿勢であり帰結、おしまいです。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-10 15:18

茶褐色の悪魔

昨晩の稲荷式はその前日に決まったのでした。
とはいえ、下品に過ぎました。
小声にしたところで、マイクロフォンを通すにはあんまりなトピックばかり。

双葉君に岸田劉生のウンコ話をしたところ、かのダヴィンチもウンコの話題に目がなかった、との有り難い情報提供を受けました。
一応断っておくと、ここで云うウンコ癖とは鞭に革張りのそれではなく、アラレちゃんの指でつつかれる類のそれであり、劉生やダヴィンチが創作物の裏にこびり付いた幼児性の話をしたいのです。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-10 10:02

滑り込んだは稲荷式

急遽、本日の青い部屋「双葉双一に唾つけて~花粉も戸惑う春だから~」に出演することになりました。
20:10から、30分程。
21:00からは双葉双一。
麗子像で有名な絵描きはウンコが大好きだったといいます。「ほらキミ、『雲虎』を音読みしてご覧」と水を向け、油断の相手はまんまと「う、ウンコ?」とイッパイ食わされる。そんな時かれは大はしゃぎだったと聞きます。
最近特に縁のある双葉双一と私との共通項を挙げるなら、まず「ウンコ好き」がくるはずです。
あまり知られてませんが、双葉君の雅号は「雲虎珍陳」といいます。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2006-03-09 10:13