<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雑記≒忘備録

b0015373_23284822.jpg

二月十五日。
夕刊後、尿横町岐阜屋まで。
餃子、ウーロンハイ。TBSラジオ。厨房の人、頭髪がさっぱりしていた。
いつもより煙草をよく吸っているように見える。スパスパと音が聞こえてくるよう。
新しいヘアースタイルに照れているのかも知れないと思った。
帰途、銭湯。電器風呂にしびれながら不意の仮眠。
目が覚めると、見違えるようなタカハギマンになっている。
電気ショックはよく効く。

b0015373_23364544.jpg

二月十六日。
湯島まで行き、立川流寄席。ほぼ満席。
立川キウイがもっとも爆笑を誘っていたが、落語ではなかった。
ランチを終えて休憩中のビストロタカへ顔を出す。甥っ子へのお年玉を預ける。
今度はぴあのムックにお店が出ているという。ミシュランからぴあまでの掲載、素直にうれしい。
粉雪。ライダースと甲冑の取り合わせにのけぞる。
図書館で赤めだかと万年前座を読む。さっき爆笑を誘っていた話、ぜんぶ本にも書いてあった。
神保町から気付けば新宿へ。あくびをすると岐阜屋で餃子をつついていた。

b0015373_23322729.jpg

二月十七日。
昨晩終電で寝過ごし、向ヶ丘遊園の漫画喫茶とジョナサンで過ごす。
千円で酒二杯とつまみをふたつ注文できるのに驚いた。
鞄の中にはセリーヌしかなく、やむなし。書見。
ニヒリズムはなにも生まないが、精神と身体を痺れさすことはある。痺れが痙攣に展開していけば、何でも生み得ると思った。
午後、同窓のお誘いを逆さ吊りにしたまま、部屋で過ごす。
サミットでは気の早い桜が咲いている。

b0015373_23314869.jpg

二月十八日。
朝刊時、粉雪。吹きっさらしの階段で尻餅をつく。
ギャフンっと声が出た。
誤配を届けるついでに足をのばした中央図書館の帰り、馬事公苑ツタヤでトイレを借りると、馬具屋のマネキンがチョメチョメしていた。
南口の喫茶店まで。ヒゲさんが「おもしろいゾ」とアンアンを見せてくれる。
ときめきスイッチをオンにしましょう、負け美女特集など。
なるほど女性誌は自虐と嗜虐のあわいをくすぐるのか、と思った。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-18 23:38

雑記≒忘備録

チョーカンどえ~す072.gif

雨が降るっていってたけど、ギリちょんセーフ!!

ホップステップで楽ショ~ちゃ~ん

神さまに感謝038.gif感激006.gif057.gifアラレ004.gif

朝飯は生卵と目玉焼きッ!ウメーッス!

お皿洗うのめんどーだから、お腹に載せて食べやした!つーかアチーみたいな。。。



[写真は削除されました]



おやすみなさーい。しましてからの・・・

図書館よったら、今日はひらいてますた。。。

というわけで・・・

予約してたボードレールさんの日記をゲッツ!

コレ枕にして寝ると、ナイスドリームみれるって014.gif

王様のブランチで言ってたからまちがいないっしょっ。。。

書史のおじさんと、おもしろポーズでハイ!フロマージュ!カシャッ!



[写真は削除されました]



図書館の利用カード出すとき、日高やの大盛り券出しちゃいました・・・トホホ・・・

おじさん、ツッコミなし的な。。。やっぱコームインはキビCーー!!!

てなわけで・・・

駅前のカフェでハブ・ア・ブレイク063.gif

今日は小指をチョット立てまして、気分は場末のパリジェンヌ・・・

チョコクロ咥えて、カメラ目線のジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ?069.gif


[写真は削除されました]



つーか雨ふってるし-!ユーカンきちー。。。

でも裸になればカンケーないっしょ???ダイセーカイ!!!

配達から戻ると差し入れがありますた!

芳香剤の匂いついちゃってますけど~?

b0015373_2073371.jpg


でも、レモン風味がついて・・・なおさらンメ~067.gif

部屋にかえりーの、シャワーを浴びーの、ってアレ?????

b0015373_20243229.jpg


つーか妖精いるし~。。。

角刈りかわい~035.gif
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-15 00:31

雑記≒忘備録

今日はキューカン日だから、チョーカンないし~、アゲアゲ~070.gif

てなわけで・・・

さっそく全裸でジョギングしてきますた~066.gif


[画像削除]


ついでにちょっと足をのばして・・・

図書館にも寄ってみたけど、キューカン日です!

司書のみなさんもきっと、めいび~アゲポヨ~069.gif

てなわけで・・・

駅前のカフェでコーヒーブレイク063.gif

チョコクロ片手に、気分はパリジャン。。。カメラ目線でシルブプレ?


[画像削除]


でもユーカンはあるってワケでして。。

ちょいユーウツはいっちゃってますけど・・・

でもユーカンだってやればできるさ、YOU CAN049.gif

配達の途中で、顧客のMさんに会いました!!

1+1は~???

せーのっ。。。に~001.gif


[画像削除]


Mさん、カッポーギ姿がいつもステキっす~、これからもよろすくっす040.gif

でもってディナーは・・・なか卯でこだわり卵っ!ジョッキでゴクゴクがオレ流。


[画像削除]


やっぱ、んま~056.gif

明日もガンバレそ~やで~058.gif
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-14 00:03

雑記≒忘備録

b0015373_0193849.jpg
朝刊。配達中、エレベーター内で一面を見ていると「明日は朝刊を休みます」とある。
すっかり忘れていた休刊日の知らせに心中で小躍りする。尿一回。
湯。蕎麦、第三のビール。尿二回。仮眠。
書見。蜜柑。JR東海のクリスマスCMにキュンとなる。尿三回。
日が沈んでからサンマルク。入店時は満席で座れなかった喫煙席が、五分後にはノーゲスになっている。尿二回。
新宿まで。尿一回。尿横町、岐阜屋。餃子、奴、ウーロンハイ、ウーロンハイ、紹興酒。尿三回。
隣のアウトロー風、傍らの実録誌を思い出したようにパラパラやっている。五人でわらわら入って来た休日の若手サラリーマン風、尿をひっかけられたように酔っている。飛田新地の経験を英雄譚のように話していた。
三丁目までぶらぶら。ラストオーダーぎりぎりのモツ焼き屋でウーロンハイ。尿一回。
駅の公衆電話で二年ほど振りにAへ電話をする。やっぱりバナナマン設楽に声が似ていると思った。
帰途、電車内でTに会う。一年振りほど。おしゃれなパーマがあたっていた。
話したいことはいくらでもあったし、ちょうど休刊日だから「じゃあどこの白木屋に行こうか」誘うと「明朝までの締め切りが」といささか先生みたようなことを言う。尿一回。
ここ数日、偶然に会う人が多くて怖いような気持ちになる。
一年振りに行く古代楼で酒、緑茶ハイ、緑茶ハイ。
マスターはご病気とのことでKちゃん一人で切り盛りしている。
京都風だし巻き卵とポテトサラダがアテに出る。どちらも三度の飯より好きなモノだから、伝えると「お上手ね」といったような反応。本当のことは伝わりづらいと思った。尿二回。
客の一人に書生くんと呼ばれ青ざめたが、悪意がないのがわかるのでよしとする。
ヒゲさんが入ってくる。寝起きで来たからか、トレードマークの髭が上下さかさまに付いている。店内に居た数人、全員が気付いているが誰も言い出さない。
しばらくして後、ヒゲさんが尿から戻ってくると、正しい位置に直っていた。尿一回。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-13 00:18

雑記≒忘備録

b0015373_13553946.jpg
朝刊。月、まだまだ大きい。土曜につき、普段より三十分ほど長くかかる。
湯。蕎麦、第三のビール。仮眠。
ポンカンと林檎でおはヨーグルト。ポストに中尾勘二インタビューが届いている。
午後、新宿まで。建国記念日ということで民族派がバンを寄せ、これから始まるであろう演説のためにマイクの具合を確かめていた。「あー、あー、チェックチェック、マイクチェック」と横文字で言っている。
喫茶ピースでF氏と待ち合わせ。買い物客が足休めに入れ替わり立ち替わり入退店。
常にほぼ満席。珈琲。産経新聞の社説、ヨドバシの紙袋、秋恵と貫太、丁寧に等分してからパンケーキに蜜をかける奥さんのひととき。
尿横町岐阜屋。気付けば三日連続できている。座るとウーロンハイが出てくる。
とりあえずということで餃子、やはりということで焼きそば、野村麻紀といえばということで麻婆豆腐、中国人留学生といえばいうことで紹興酒、長野といえばということでラーメン。
旦那の友達が入店してきたようで、餃子を盛りながら「おおうッ」と人なつこい彼の笑顔、前歯がひとつ足りないのにはじめて気付く。
酔い覚ましに混み合う新宿をぶらぶら。男女はらぶらぶ。
らんぶる一階。店員の女性は香水臭かった。珈琲、煙草がもくもく。
ディランのニューポートフォークフェス時の発掘カラー写真と気負いについて、前野健太・山田庵巳・青葉市子と指先の霜焼けについて、ギャラクシー銀座の覚醒剤について、エンヤートットと愛国ラップについて、現代美術とユダヤ人とローラについて、おパンティーのリベラリズムについて、プロテストフォークと反原発について、など。
成城から歩いて帰巣。道々、女性から夜気のように香水の匂い。アンビエンス。
新宿の立ち向かってくるそれとは違う匂い。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-12 00:54

雑記≒忘備録

b0015373_1321754.jpg
一限がはじまるくらいに起床。
湯。ポンカンと林檎を投入したおはヨーグルト。シリアル。
書見。ギターを久しぶりに弾く。ペイル・ブルー・アイズ。リスの唄。がんばれハムスターズ。パナマの男。
新宿まで。岐阜屋でウーロンハイ、紹興酒、固い焼きそば。
外国人の客が二組も来る。一組は四人組であれは何語だろう、ポルトガル語ってあんなのだろうか。焼きそばを一人一皿食べて帰って行った。
もう一組はイタリア人のカップル。日本語がまったくできないもんだから、カウンターの中で入っていき、あれこれ食材を覗いている。
結局、注文は「ミート」と「ノー・ミート」。マスターも慣れたもので、肉野菜炒めと野菜炒めを出していた。
ゲーセン。コインゲームのスロット。無為。
かつてストⅡをきっかけにアーケードが格闘ゲームばかりになった頃、餓狼伝説、龍虎の拳、キングオブファイターズ、サムライスピリッツ、いろいろやったが、当時からストⅡの優れている点は攻撃が決まったときの重さだと気付いていた。効果音と操作感の連動がもっとも気持ちよかった。
スロットも押すというか、叩くというか、レバーとボタンの操作感と効果音がキモだと思った。
歌舞伎町をぶらぶら。ジュンク堂をぶらぶら。カップル達はらぶらぶ。
電車で帰り、駅前の書店でエンケンのインタビューを読んでいるとTに声を掛けられる。
たちばながいっぱいだったので、はじめて入るカウンターだけの焼き鳥屋で一杯。週末にもかかわらず他に客がいなかった。途中、愛すべきダメおとうさんがビールをひっかけ、千円でお釣りをもらっていったのみ。
「明日、七時起きだからよう」と退店するおとうさんに「みんなそんなもんだよ」とあしらうママさんがイカしていた。
まさかり投法と基地問題について。沖縄土産にさんぴん茶をいただく。
帰巣。明日は一時五十分起きだからよう、と呟いたら、さっきのママさんはどうあしらってくれるかな、と思う。なんくるない。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-11 00:19

雑記≒忘備録


b0015373_12341441.jpg
朝刊。月がずっと高く白く明るい。パルックボールのような月。
湯。サラダ、蕎麦。仮眠。
誤配があり、届けがてら駅前の銀行にカブを駐め、ドトールでモーニング。新聞。
爆睡。やっぱり大口を開けて寝ていたようで、店員にジャーマンドッグをお口に突っ込まれる夢を見る。するともう一つ誤配の連絡。届ける。
下北沢のゲーセンに行こうと駅に向かっていく途中、ヒゲさんに会う。
寒さにこわばった顔が、御利益のない仏像のようだった。
電車でIくんに会う。一年ほど振り。これからフライングダッチマンのゲリラライブがあり、招集がかかったという。
近況などを伝え合っていると「薬草持たずに洞窟はいるようなもんだ」など、彼一流の意想外かつ的確、意味が揺らぐだけの隙間もある絶妙な例え。この妙技も一年ほど振り。
十時くらいでは、まだ下北は動いていない。全員がギターケースを枕にして寝ているらしい。
ゲーセンは開いているが誰もいない。
メダルゲームで無為な時間を過ごすはずが、ストⅡをやり十五分ほどであっさり敗退。ここは難易度がちょっと高い気がする。
駅前の地下、シャノアール。なかなか混んでいるが、若者が一人もいない。
ご老輩の方々、紅茶とサンドイッチでおしゃべりを楽しんでいる。立ち働くウェイトレスは若い女性、きっと下北周辺に住んでいるんだろう。もっとおしゃれなカフェで働きたいと思っている。
下北沢にようやく避難場所を見つけた、と思う。
古本屋で永山則夫の文庫。ポッケにはパンティーとなぜか大江セブンティーンが入っていたので、はからずも思春期の政治青年のような格好に。
成城から散歩しながら帰巣。カレー。
夕刊。明るくて、清浄な街にみえる。月が支配する世界の裏側といった風情。
富士山がきれいに見える。
帰巣。湯。洗髪。南口の喫茶店で珈琲。
「お店ブログの更新ができないんじゃ。ずっとほっぽったままでのう、だからホームページも開かないようにしとる」ヒゲさんが悩んだ風でもなく言うので、
「かびの生えた炊飯器の蓋をあけられなくなったってことですね」返すと
「そんないいもんじゃないんじゃがのう」グラスを拭きながら、ほめられていると勘違いしている。
新宿、若松孝二の新作の先行上映に間に合わず、下高井戸でゴダールとトリュフォー。
新宿に出て、尿横町岐阜屋で紹興酒二杯とワンタン麺。右側に電子機器メーカーの中年サラリーマン、左側に出版系のOL、それぞれが同僚を品評している。従業員は楽しそう、寸胴付近に虫が出ても、レードルでお湯をぶっかける。安逸。
終電で帰巣。営業所の前を通るとすでに灯りがついている。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-10 00:27

雑記≒忘備録

b0015373_12215123.jpg
朝刊。なんでもない。
湯。蜜柑。味噌おでん。仮眠。
図書館。サンマルク。珈琲。書見。
人影が手元を暗くしたので顔を上げると
「おや、ゆうじさん、というお名前ですか?ひっひっひ」ヒゲさんが現れる。
「いま店賃を届けに行ったんじゃが、数えたら一万円足りなくてのう。だからこうして考えておるんじゃ」と紅茶をすすっている。
考えても札は増えないだろうと思いながらも「それは妙案ですね」と相槌をうつ。なんくるない。
近所に新規オープンする予定のモロッコ料理屋とスペインバルの噂を教えてくれる。
夕刊。集金の締めをする。残り六枚でクリアー。褒美にアイス。
元コーラスグループの同僚が、念願の小柳ゆきライブを見に行ったと言う。曰く、
女の子は誘えずに一人で行った。アンコールは日替わりで、ホイットニー・ヒューストンのカバーを披露してくれた、もう一日の方はマライア・キャリーとだったらしい、そっちを聴きたかった。アンコールがはじまると、ステージ奥のカーテンがザーッと開き、夜景がドーンって見える。云々。
彼はジョーという歌手が好きで、ボーイズⅡメンとゴスペラーズのCDと一緒に貸してくれた。はじめて聴くジョーさんのドスケベサウンドに胃もたれと目眩をおぼえ、お返しに対照的な色っぽさと思いジャンゴをお貸ししたこと。三月ほどたつが、感想はまだない。
帰巣。足湯、カレー。ダイジェスティブ・ビスケット。
コインランドリーを回してから駅前まで。めずらしく弾き語りの二人組が歌っている。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-09 00:21

雑記≒忘備録

b0015373_2221529.jpg
朝刊。雨。天気予報はさほど寒くないと言っていたが、雨は冷たい。
この区域を大学の奨学生として五年勤め上げた前任者は「雨が降ると時間はかかるけど、自分がんばってるって感じがするし、そこまでやなもんじゃないですよ」と言っていた。
若語りこその素直な感想だと思った。五年間続けるための言い聞かせめいた処世術だと思った。
あがた森魚目当てで借りた深夜食堂のDVDに入っていた話の中に、新聞配達奨学生の大学生と女優の卵、たまごサンドをきっかけに近づきまた離れていく、救われない話があった。売れはじめてきた女優の上昇志向、それに学生くんの現実が折り合うはずがない、そこも匂わされていた。
昼に再読した野坂昭如コレクション中にも、マイホームを手にした夫が嫁と娘の尻に敷かれながらも、新聞の集金に来た健気な少女にあらぬ妄想をたくましくしていくなんてのがあった。
とかく新聞配達は浪花節を誘う。同情を多く受ける。
向こうがお高くとまっていない限り悪意や他意がないのはわかるので、贈られた同情は素直に受けるようにしているが、自分で選んでやっているのだからそんな情けはまったく当たらない。
「自分がんばってる感じ」を感じたければ、それぞれが勝手に自己完結的にガソリンへとしていけばいいだけで、道に張り出した袖看板に大書するべきことじゃない。
それでも小さな世間はオノレが同情を希求するあまり同情という安物のハンドタオルを投げ込んでくるわけか。自己愛ゆえの、先手必勝、中元返しのようなものか。
愛ってそういうのじゃないと思う。
湯。洗髪。シリアル。蜜柑ポンカン蜜柑ポンカン。仮眠。
図書館。ドトール。珈琲。サンマルク。珈琲。
夕刊。雨はやんでいる。ポストの入り口部分が濡れているので、手首のスナップをつかい奥まで直接放り込む。
担当区域の月イチ古紙回収の日、雨のためか回収漏れが多い。五件ほど。
ご家庭で気を利かせて濡れないよう屋根の下に置いておくから、回収業者が見落とす。
湯。レトルト二つに野菜をぶち込み、鍋に数日分のカレーをつくる。集金。
どこか暖かくて気分がいい。南口に喫茶店の前を通ってみるがやっていない。
いったん団地にバイクを置きに帰り、徒歩でドトール。珈琲。書見。
看板までいると、上品なお嬢さんが「当店九時までの営業となっております。ご協力お願いいたします」と各テーブルを回ってくる。
小説中では卑猥な描写の真っ最中だったので、ドキッとする。
ご協力をお願いするところでもないだろうと思い身支度をしていると、カウンター内で研修中の若い男が珈琲マシーンの使い方を指導されている。ラテ用の白い液体が二筋、ダラダラと垂れていた。
帰途にサンマルクを覗くと、巻髪の娘が一人で切り盛りしていた。飲みたくもない珈琲をもう一杯頼む。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-08 00:20

雑記≒忘備録

b0015373_2254279.jpg
朝刊。ほぼ育った月が銅色で沈むとこが見える。
古代を思い、灯りや高層建築のない世界では、月の満ち欠けに日食や月食らがどんなにかスケールのデカい驚きと恐怖だったろうと思うことがある。
でもいまこうして、古代を思わせる大きな赤い月が、見慣れた文化住宅の屋根にのしかかっているさまにはじゅうぶん畏怖を感じる。
足だけ湯。キャベツ、第三のビール、シリアル。仮眠。
雨が降っている。書見。団地と雨雲は親密な相関関係にあると思う。
夕刊。雨は止まず。ビニール掛けのマシンがフル稼働。
靴下が濡れる。靴底を抱え上げてみると、ソールが摩耗して穴があいている。
ここ一年間、メインのアディダスにサブのオールスターでうまく回してきたが、アディダスは二代目。
色気が毫もない作業着のような空色サンバ、上野アメ横のワゴンから引きずり出して二千円だから、正規品じゃないかも知れない。よく見ればサンバとも書いてない。
数日前まで配達をしていたアパートが半壊している。シルバニア・ファミリーや蟻の巣観察キット、ドリフのセット、などを思い起こし、思わず人生の喜劇的な側面を見せつけられたような気がする。
帰巣。米、厚揚げ、肉、豆、ダイジェスティブ・ビスケット。パンティーの伸び縮みを確認。
久しぶりのことだし、ここはひとつ雨に服従してやろうと思い、不貞寝。
[PR]
by huck-a-gelmondo | 2012-02-07 00:53