備忘録

b0015373_2321670.jpg

幸せと不幸せのあいだで糸を垂らしていたら、半魚人が釣れました。

太陽は高く、階段は長い。

日暮里ハムスターズは、夏のティーシャツ焼けを呪います。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-07-17 23:06

備忘録

b0015373_1828241.jpg
神宮球場へヤクルト中日戦を見に行った。
ヤクルトの圧勝だった。
席を占めたバックスクリーン付近から見えるマウンドとバッターボックスが絶妙に近くて遠いと思った。
ナイターのあからさまな照射が、遠近法を狂わせているか。

スタンドの何列か前方に、おじさまがおひとりさまで観戦している。
事務職風のワイシャツ×スラックスに、ドラゴンズのユニフォームを羽織っていた。一見してベテランだとわかった。
九回表の中日最後の攻撃、続く凡打であっけなくツーアウトになると、彼はしずかにユニフォームを脱ぎはじめ、畳んでビジネスバッグにしまい終わると同時にゲームセット。
ベテランの見極めは、コンマ一秒のズレも許さないらしかった。

別のお一人さま、CとDが重なったドラゴンズキャップを被った、やっぱりサラリーマン風「五時から男」は、試合終了を確認してからゆっくり脱帽した。
そっとキャップを二つ折りにし、手提げのビジネスバッグにしまう。
まるで商談後、やにわに打ち解けた話題を振りながら書類をしまうときのように自然な所作だと思った。

彼らがバッグのファスナーを閉め、スックと立ち上がった瞬間とは、熱狂的野球ファンが一般人に戻る瞬間に違いなかった。
こうして野球帽を引き算してみれば、どこからどう見ても新宿駅ですれ違うおとうさん方と見分けが付かなくなっている。
そんな、野球と日常生活を区切る狭間を目撃してドキッとした。
狭間を知らせるサインはささやかでありながら、その境目にはゾッとするような深淵が横たわっている。
彼らは懐に匕首をしのばせるように、バッグの中へ野球帽やユニフォームを隠し持ち、一般人の顔をして銀座線に揺られていく。
背中に目玉をまわしながらアジトへ帰巣するアナーキストのようだと思った。
彼らにくらべたら、ギターケースやDJバッグを背負い歩く音楽好きなんて、なんと退屈で魅力のない人種だろう。

今朝方、あなたの隣に座ったビジネスマンの革鞄にも、ベースボールキャップが隠されていたのかも知れない。
盛夏を前にした、怪談です。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-07-09 18:30

備忘録

b0015373_2281487.jpg
ドトールの新人が、二階喫煙席のテープルを拭きにきた。
ばか丁寧に、円を描いて拭き上げていく所作が、イタリアンレストランのそれだった。
緩急をつけて器用な左肘には、手術跡が野球部時代を偲ばせていればいっそういいと思った。

ホチキスの針が落ちていたから、コーチャーズボックスのことを想った。
コーチャーの位置を囲っている白線が、コーチャーの「コ」を表していたなら、コーチャーの悲哀はいや増すらと思った。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-27 22:21

備忘録

b0015373_22351780.jpg


八月の配達と集金をもってあがらせてもらいたい旨を所長に伝えると、そうか、やっぱつらいか、というから、いやむしろ辛くないから驚いているくらいで、とても働きやすいんですが、一年半で区切りをつけようと思いまして、と返すと、夏は募集しにくいからなあ、秋口だと助かるんだが、どうだ考えてみてもらえんか、秋までのばしてもらえるなら色もつけさせてもらうから、といっていた。
一世一代の中ボケ、新聞配達員になるの巻、もあと数ヶ月でおしまいです。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-25 22:53

備忘録

b0015373_10164284.jpg
これがテクノポップだ!というような当時の音楽番組を視聴していたら、プラスチックス、ヒカシュー、P-modelが出ていた。
演奏をしたり、小室等が進行役でトークコーナーもあった。

テクノポップってなんですか?と小室翁が訊くと、平沢進が「イエローマジックの人にきいたら答えてくれるんじゃないッスか」というようなことをいっていた。

それでは最後に自分たちの魅力を一言でお願いします、と小室等が振る。
立花ハジメは「ぼくらは稚拙さを売りものにしていますし大事にしていきたいと思う」という。
巻上公一は「陽気に悲劇にとりくんでおります」といっていた。

自由が丘の駅前で、楽しそうに笑いながらクルクルと花弁のようにまわっている巻上さんを見たことがある。
ドキッとした。
陽気に悲劇にとりくんでいる真っ最中だったのかも知れない、と思ったこと。
ヒカシューをタイプして変換すると、当初は悲歌シューとなったことも忘れずに。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-25 10:17

備忘録

b0015373_1941990.jpg

明大前の駅前で阿藤快を見た。
新宿ではマーティー・フリードマンを見た。
二人とも意外と大きくなくて、顔面は長さが一緒だった。
いや、マーティーのほうがかなり尖っていた分、あご差で勝ちか。

阿藤快はメガデスに居てもいいと思った。
CD屋でメガデスのジャケットを見たら、やっぱり阿藤快はふさわしくないと考え直した。
でもメガデスのみんなは水虫だろうと思った。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-23 19:23

備忘録

b0015373_2125446.jpg
日暮里駅の気分のまま、秋葉原まで乗り過ごしてみましょう。
例にならって表記すると、日暮里ハムスターズはNPR86になると思いました。
原宿までいっちゃうと、きゃりーはむはむになるよ。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-12 21:03

備忘録

b0015373_14495665.jpg
新宿の街を歩いていると、リボンをつけた女の子とおばさんが混ざり合いながら横断歩道を渡っていきました。
しゃなりしゃなりという音が聞こえてきそうな身のこなしで、堂々たるもんでした。
きっと彼女らそれぞれが一人になったら、この格好で家から出ることさえ不可能かも知れないと思いました。
電話やツイッターで自分の格好をツッコミしいしい外出することならできるかもしれませんが。

友人の結婚式の二次会に参加したときの余興で、すぎちゃんという芸人さんのコスチュームで新郎あるあるを披露する人が出てきましたが、そのすぎちゃん役が二人いたことを思い出しました。
ジーンズ切りっぱなしの同じコスチュームを着た二人が向き合い、交互に「・・・だぜェ」とやっているのです。

「きづな」が大切だということですが、なるほどきづなは人を強くさせると思いました。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-06-12 14:56

備忘録

b0015373_020490.jpg
朝刊時、少し早めに届けるW宅でハンカチをいただいた。
この家は冬場にマフラーとチョッキをくれた。夏にハンカチだなんて素敵だと思った。
カレーにトマトをぶち込んで気分転換。米じゃなく麺にする。
今朝の朝刊に、チャン・グンソクの広告が枚数限定で折り込まれているとのことで、何人かのおばさま方が問い合わせに来ていた。
夕刊後に部屋へ戻ると、Cママからのお便りと、チョコバリ(アイス)のクオカードが届いていた。そういえばチョコバリの棒に「あたり」が焼き印してあって、指示通りに送っていたのを忘れていた。
これまで、懸賞にまったく運のない人生だったので、とてもうれしかった。
Cママの便りには「パンストはやめなされ」と適切な忠告があった。
二段目の引き出し奥に隠してあったパンスト群をすべてコンビニのゴミ箱に捨てた。
どうしてパンストのことを知っているんだろう、と不思議に思った。
日が沈む頃の団地が乳白色に霞んでいて、暗い部屋に開いた窓から、ひかえめに流れ込んでくる。
すぐにアイボリーの粒子でいっぱいになった。
集金と契約の継続を二件。ここでもチャン・グンソクのチラシのことをきかれた。
「いや、あたし自身は全然興味ないんだけどね、朝のニュースでやってたもんだから」という態度と裏腹の、前のめり感がおかしかった。
成城をバイクで一周する。闇に向かって、いい季節だね-、と節を付けて歌う。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-05-31 00:22

備忘録

b0015373_23435987.jpg

火水のことは忘れた。カレーを食ったのはまちがいない。
木曜の晩だと思ったが、何年も前に一年間蟄居、というと強いられていたニュアンスが出てしまうからあたらないけど、住まわせてもらっていた部屋を主人が近日引き払うとのことで、中野まで行きフェアウェルする。
行きしな中野駅でフレッシュマンのSくんに遭遇し、行きつけだという駅前の喫茶店で小さな四方山話。
閉店の看板をひっくり返して闖入し、二十分ほど。「お客さま、そろそろ・・・」と声がかかるまで。
晩は主人と朝まで中野を飲み歩いた。深夜のブロードウェイで野村麻紀と短距離走をしたのを思い出した。キャバクラ嬢のまつげは逆立ちをした黒蟻のよう。
金曜だったか、新宿を当てなくあるくとほんとにアテがなくて、結局喫煙所にしか用がなかった。ホストの革靴が尖ったところをしばらく見ているのに気がついてすぐ帰る。
昨晩のお礼をKに電話で伝えると、いまミュージックステーションでノエルギャラガーがタモリと前田敦子に挟まれて英語をしゃべっていると言って笑った。
土曜は配達後、集金の初集に回ったんだっけか。三時間くらい。パンスト体操。
日曜の朝刊後、午前から昼過ぎにかけて引き続き集金、部屋でカレーを喰らってからカラスが鳴くまでのあいだ、成城駅構内にある本屋のソファー席、行き交う女の尻を写真週刊誌三冊分ほど眺めているのに気がついてまた集金。計六時間ほどまわったか。
風が強かったのは月曜だったはずで、朝刊配達後の仮眠を経て、仙川を渡り成城のフレッシュネスでコーヒーを飲んだ。
あ、その前にクレープを喰らった。以前、自然食派のIが「精神が乱れてるとやっぱさあ、ラーメンとかドカ食いしちゃうこともある」と言っていたから、この日は生クリーム分だけ荒んでいたんでしょう。
そうだ、クレープ代に対して諭吉しかなかったから、くずしてあげようと思ってブックオフに入り、百円棚へ伸ばした手に触れたナンシー関を買ったんだった。
はじめてちゃんと読んだが、ちょうど自分がテレビを見ていた頃95年あたりのコラム集、「ケバ・クド・ダサのシャ乱Qが紅白に歌謡曲を連れ戻す」だとか、糸井重里を彫った消しゴム版画に「オレそーゆーのスキ」と添えてあったりして、めっぽう面白かった。
夕刊後も集金に三時間ほどまわって、八割は済んだと思う。
たしか夕刊を組んでいるときに土砂降りの雨がやってきて、舌打ちをしながらビニールをかけたが、ようよう晴れてきてまた舌打ちをした。
帰ってやっぱりカレーを食った。イチローばりにカレーばかりだと思う。
大きな地震があったのはいつだったか忘れたが、寝ボケまなこでオンしたラジオ、伊集院光に似合わぬ神妙な声がデスクにまわしていたから、これも月曜のことだ。
火曜は朝刊配達中、ハイツの最上階で十五分ほど寝たら元気がもりもりしてきた。仮眠せずに図書館へ寄り、バイクを置いてフレッシュネスまでカチカチと歩行。
「いまー?えーと、フレッシュネスなんとかにいるんだけどお」という電話女が居た。
中学時、居間でセックスピストルズのライブビデオを見ていると、帰ってきた母に「何見てるの?」と尋ねられ、「なんとかピストルズ」と答えたことを思い出した。
もっともメタルを愛好していたチューボーには、なんとかピストルズの魅力はわからなかった。
夕刊後に集金、けっこう済んだ。暗雲が垂れ込めてきたから帰ってカレー。カレー曜日は月月火水木金金。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2012-05-29 23:45