居直り考コトハジメ

女というものは子宮でものを考えるなんて云いますが、「甘え」が一つの子宮的美徳になっているのは週刊誌上だけの問題ではなく、ロマンチックな深夜のベッド上から考えていかねばならないでしょう。
よって性差が揺るぎなきものとして在るように、「甘え」は許されなければ道理に合いません。
ならば、あの醜悪な子宮的「居直り」はどこから考え始めればいいのでしょう?
言い訳民族のリーサルウェポン「居直りキメコミ」には、生物学的ですらある衝動が伝わってきます。
そこで彼女は一言!
「女心は云々…」
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-02-25 20:34

メをまわすなかれ

≪HAPPY DISPATCH として≫

3月10日(木)
横浜 BBストリート
詳細未定

3月13日(日)  open18:30 start19:00
南青山 月見ル君想フ  『落語ライブ 江戸落語と妖艶お笑いバンドのコラボレーション』
w /古今亭志ん公/古今亭朝太/YOSHI×YOSHI/越路姉妹
前売り \2500+1D 当日 \3000+1D

3月19日(土)  open19:00-12:00 show start19:30-
渋谷 青い部屋  『アングラ喫茶3周年記念SP!!』
今月の喫茶へのお客様:Happy Dispatch
SP出演:ハチロック(宅八郎)、松本キック(大川興業/ex.松本ハウス)、紫ベビードール、他
charge \2800(with 1drink)  予約割引\2500(w1d)


≪高萩幽司として≫
 
3月2日(水) open19:00 start20:00
渋谷 青い部屋 『LIVE SALON』
w / 未定
charge \2500(with 1drink)  予約割引\2000(w1d)

3月31日(木)  open18:00 start19:00
南青山 月見ル君想フ 『月見ル君想フ presents 双葉双一定期演奏会 vol.3』
w / 双葉双一 / 日比谷カタン
前売り \2000+1D 当日 \2500+1D


するってえと、「古今亭」の響きの前には何もいえませんし、アングラ喫茶には喫茶インタビューなんていう俗欲そそるアッパッレな企画があるという、そしてどうしたって「双葉双一定期演奏会」なる字面のふくよかさへは触手が伸びる。
個々の夜についてはまた後日!バイ!
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-02-14 08:25

神話の嫌い

ムーマレデスの時代、メキアのサルパメオンはある重大な事件に巻き込まれた。
「ある重大な」と云うのは、サルパメオンがテルドスキアであったと云う事実が導き出したものであり、「事件」と云うのは、エルメの遠戚にあたるパルゴメラがテロドン入りするところから始まる。
時間が無いので、この話の顛末に大きく関係してくるかつてのテルドスキアとマルメの「鉢植え情事」の話も、サルパメオンの義理の父にあたるキエテプスの大地主ノルヴァーリンがメキアまで勢力をのばし、遂にはテロドンまでをも支配下に治めるきっかけともなる「ミニチュア大作戦」としても有名な話も省く。
「ある重大」性は、以上があなたの喉元に引っ掛かっている限りにおいて、重大なのである。
ここでは、この事件に終止符を打つことになったサルパメオンの一言を記すにとどめよう。
「喉元過ぎれば熱さ忘れる!」
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-02-06 15:12

感染症の法則

真っ赤な二輪車に跨り、露地をクネクネ 土手をスイスイ、散歩する夢をみた。         
目覚めてからも頭は重く、風邪はまだ身体にのこっている。 
 
  どこからもらってきたものか… 

ポストはコホンと咳をして、積まれたタイアはクシャミした。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-02-01 18:10

舞台装置

店内はガランとしていて、月曜日の昼下がりであり、外は雨降りの大祭であった。
        
四人掛けの席に、右隣の座るブロンドは悩ましげ。
        
椅子を引き寄せると、舌べろがずり落ちた。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-31 00:19

みなさんこんにちは、Happy Dispatchです。
先日1月25日、渋谷は青い部屋にて行われたライブのレポートが

http://smashingmag.com/

こちらに大量の写真入りで掲載されております。
彼は云っています、「プリーズカムカム!」
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-29 21:35

凱旋ライブⅡ

1月25日開催の『ハッピーディスパッチ凱旋ライブ』またの名を『デカダンスロッキンサロン@青い部屋』は、凱旋ライブという名に恥じぬテンションが、ステージ上にもフロアにも満ち満ちていましたね。
私には見えました。
ステージバックに咲いているべき赤い薔薇のかわりに、凱旋門が、いや、凱旋門に良く似たワシントンスクウェアーパークの大きな門が、ドラムセットを覆うようにして屹立しているのを。
そうして彼が「ニューヨークだけにね」とはにかんでいるのを。

きたる2月5日(土)、南青山は「月見ル君想フ」にて、HAPPY DISPATCHは凱旋ライブⅡを決行します。
凱旋に「Ⅰ」も「Ⅱ」もないのは承知の上、我々はあえてポップマーケットの規律に倣い、「好評ならば続編を!」と、したたかな笑みをもって次回ライブも「凱旋ライブⅡ」と名づけるのです。

  2月5日(土)   開場18:30  開演19:00

『Bark at the Moon』

w / index , ONE-WAY etc...

前売り \2000+1D
当日  \2500+1D

P.S, オジーオズボーンの「バークアットムーン」という曲のサビが、「バカだもん♪」と聞こえるのは有名な話ですね。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-27 18:34

凱旋ライブ告知

先日ニューヨークより帰ってきました。
10日弱ほど滞在し、HAPPY DISPATCHは『PIANOS』と『CBGB's』でライブをおこなってきました。
反応はたいがいがいいもので、あちらで受け取った言葉をならべてみると、「クソッ、30年前の震えを思い出しちまったぜ!」 「キミたちのバンド名をもう一度確認させていただけないかね?」 「ジーザス!」「ブッダ!」「豚!!」「日本におともします。かしこ。」 「イカスネ」「MISHIMA!!KUROSAWA!!」ナド。
おおむね良好。
繰り返しになりますが、先日ニューヨークより帰ってきました。
そこで、HAPPY DISPATCH凱旋ライブのお知らせです。

1月25日 渋谷 青い部屋                                                                               『デカンダンス・ロッキン・サロン』
19:00open 23:00close ¥2500(1D付)
【出演】Belfast、Happy Dispatch、Both Cheese、HIPSTRIP                             【DJ】鳥井賀句

出番は20時45分から。
恥ずかしがらずにみんなオイデ!!
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-23 21:20

ターンテーブル

寒い日が続いたので、ラベルに美しい踊り子のプリントがしてあるレコードをターンテーブルに載せ、聴いてみることにした。

しかしなかなか音が鳴らない。

濃いブルーを背景に、踊り子はぐるぐる回っている。

時折かすかなホーンの音色が伝わってくる気もするが、どこから鳴ってどこへ響くのかが分からない。

針はすでに盤の後半にさしかかっていて、なおも踊り子はグルグル回っている。
プロでも流石に目が回るだろうな、と考えていたら、彼女、プリマドンナの姿勢のままピョコリと盤上にとび出し、円状のラベルを舞台に、跳びまわって踊りだした。

回転式のステージは濃いブルーの一色だったので、深い夜が執拗に巡っているようで、薄いホーンの音がよく似合う。

踊り子の小さなショウを眺めているうちに、針がスーッと中央のラベル部にたどり着き、片面が終わった。

とたん、ラベル内のみで律儀に踊っていた女は、渡し舟に飛び乗るように、針の接続されたアームの先端部にピョコリと移り、アームの花道をクルクルと渡ってどこかへ行ってしまった。

後には、舞台だけが真夜中の深さで回り続けていた。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-09 11:12

しっぽ

オンナは黄金色のスカーフを北風になびかせていて、

私は狐のシッポに化かされた。
[PR]
# by huck-a-gelmondo | 2005-01-06 21:38